HOME > Brand Rush Blog > ルイ・ヴィトンのあの柄は日本の家紋をヒントにしていた!?

Brand Rush Blog

< シャネル売るならブランドラッシュ!  |  一覧へ戻る  |  あなたのお宝お売り下さい! >

ルイ・ヴィトンのあの柄は日本の家紋をヒントにしていた!?

使われている方も多いかと思いますがルイヴィトンのモノグラムラインは実は日本にルーツがあるとの事。
定番の柄の「L・V」シリーズ、「モノグラム・ライン」のことなのだが。
丸の中に星がデザインされたこのマークは、薩摩藩、島津家の家紋によく似ている。
じつはこれ、単なる偶然ではない。
モノグラム・ラインのマークが使われるようになったのは、1896年のことで、当時はフランスでは、日本ブームが起きていた。しかも、1867年に開かれたパリ万国博覧会には、徳川家とともに薩摩藩が参加していたのである。
このとき、日本の出展物のなかに、島津家の家紋のついた品があり、当時、ルイ・ヴィトンの関係者らが、それにヒントを得てモノグラム・ラインの図案ができたといわれている。

他にも日本を参考に作られたものって沢山ありますよね!日本見直しました!

金,プラチナ,ブランド品,ダイヤモンド,香水,金券,などは高価買取のBrandRushへ!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 
ブランド品貴金属 買取・販売 専門店       
Brand Rush 
〒372-0801 群馬県伊勢崎市宮子町3410-3 
TEL/FAX:0270-61-8949
 E-meil:brand_rush@biscuit.ocn.ne.jp 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


タグ:

< シャネル売るならブランドラッシュ!  |  一覧へ戻る  |  あなたのお宝お売り下さい! >

このページのトップへ